トップページ新型コロナ対策(当院の取り組み)

新型コロナ対策

当院は新型コロナウィルス感染症対策に取り組んでいます

診療現場における三密(密閉・密集・密接)を避け
感染の危険を最小限にする以下の取り組みをしています。
※ 当院の新型コロナウイルス対策関連のお知らせは、こちらをご覧ください。
新型コロナウイルス感染症への対応|お知らせ
密閉対策
24時間換気システム
2019年2月竣工の大木眼科ビルは最新の24時間換気システムを導入しています。
絶えず館内の空気を外へ排出し、外からは新鮮な空気を取り込んでいます。
密集対策
待合人数
待合の患者さんが一定の人数に達すると、2階待合、あるいは院外シンボルツリーの木陰の椅子にお移りいただ​き、密集​をつくりません​。

在院時間短縮
当院は通常3人の医師が同時に診療をしています。医師、検査技師、看護師、医療事務、スタッフ全員の連携を強化し、来院の患者さんにはなるべく短時間で受診を終えて​いただ​けるよう努めています。
密接対策
飛沫防止
マスクやフェイスシールドの装着やアクリルボードを設置し飛沫防止を行っています。
入館される方にはマスクの装着をお願いしています。

消毒の徹底
診療室内は患者さんごとに検査台、椅子、ドアなどの消毒を行っています。
館内の手すりや椅子などは定時に消毒を行っています。
院内各所に消毒薬を配置しており、患者さんは自由に使用して​いただ​けます。