Surgery
トップページ白内障について

白内障について

白内障の治療法

白内障は、残念ながら現在の薬での治癒は望めません。しかし、手術をすることで、視力を回復することが可能な病気です。
そもそも、白内障とはどういった病気なのでしょうか。

目はカメラのように、水晶体というレンズを通して、眼底にあるスクリーン、網膜に映像を映します。白内障はそのレンズ部分が白く濁ってしまう病気です。加齢によるもの、糖尿病などの病気に起因するもの、外傷を受け発症することもあります。そして、濁ってしまったレンズを投薬なのでもとに直すことはできません。

白内障手術では、この濁ったレンズの中身を取り除き、代わりになる人工レンズを挿入し視力を取り戻す手術です。超音波により水晶体を砕き、吸い取り、綺麗にしたところに患者さんの生活にあわせた人工レンズを挿入します。デスクワークの方、遠くを見て過ごす方、ご自分の生活環境などを考慮し、医師とご相談なさってください。

また「多焦点眼内レンズ」挿入手術については、現在、東京慈恵会医科大学附属病院の「レーザー白内障手術」をご紹介しています。ご希望の方は担当医にご相談ください。

白内障手術をお受けになった患者さんには、劇的な変化に驚かれ、人生が変わった、と仰る方がたくさんおられ、私たちも大変うれしくその様子を拝見しています。

しかし、目の中は水晶体だけではなく、他にも生きているパーツにより構成されています。白内障手術を行うことで逆にいろいろな症状がでてきたり、物の見え方に変化が起こることもあることを忘れないでください。必要な場合は眼鏡処方も行います。コンタクトレンズはひと月後くらいに装用が可能になります。